グランフォーレ大橋テラススタッフブログ > 工事進捗状況

工事進捗状況

工事状況をお知らせします②

みなさん、こんにちは。

早いもので、もう年末ですね。もうすぐ12月ですね。師走ですね。

最近、日中は、暖かい日もあったので、本当に12月かな~と疑ってしまうような気候も

ありましたが、平成29年もあとわずか。

やり残すことのないよう残り1ヶ月過ごしましょうね。

 

さてさて、本日は、工事進捗状況第2弾をお伝えしたいと思います。



2階コンクリート打設前状況です。

打設(ダセツ)とは、コンクリートを流し込むことです。

建物の基礎を作る大切な打設。

第三者機関による、コンクリートの品質・強度検査を行っています。



【コンクリート検査】
●フレッシュコンクリート試験
打設する前のフレッシュコンクリート(いわゆる生コン)の時点で粘度や塩分濃度、空気量などを調べ、予定値の固さと大きく違わないか確認。同時に4週間後の検査のサンプルを採取します。

●コンクリート圧縮強度試験
打設から4週間後に、打設時に採取したサンプルでコンクリートの圧縮強度を測定。サンプルを圧縮機で壊し、計画通りの強度になっているか確認します。

 



2階コンクリート打設完了。しっかりコンクリートを流し込まれました

 



3階打設前です。

 



3階打設後です。どの階もしっかり打設作業を行っています

 


コンクリートを流し込んでしまうと、どのように固められたかが分かりませんよね。

流し込む前の状況は写真のような状況です。

ボイドスラブ工法を採用していて、打設前の写真の白く見えるのが

ボイドスラブです。置床工法により、その上に床材を直貼りせずフロアを上げるなど、

上下階の生活音の低減を実現します。

 



1階の室内状況です。

まだ部屋のイメージが分かりにくいですが、

平成30年5月下旬の完成予定に向けて着々と進めております。

次回どれくらい進んでいるのでしょうか。楽しみです。

 

それでは、次回もお楽しみに!


来場予約はこちら

資料請求はこちら


工事状況をお知らせします①

みなさん、こんにちは。

当スタッフブログでは、定期的に「グランフォーレ大橋テラス」

の工事進捗状況をお伝えしていきたいと思います。

それでは、さっそく第1弾



2017年5月に「地鎮祭」が執り行われました。

2018年5月下旬の完成に向け建築工事の安全と、

住人の皆さんの末永い幸せを祈願しました。

 



南面です。こちら側にバルコニー、エントランスができ、

全25邸グランフォーレ大橋テラスが誕生します。

完成が楽しみです。

 



基礎工事中の写真です。

現地の地盤調査を行い、地下約20mに堅固な支持地盤がありましたので、

2.4mの基礎の下に、約18mのコンクリート杭を打設することで強固な基礎を造り、

建物を足元からしっかりと支えます。(Hybridニーディング工法)



建設性能評価の中間検査の様子です。

当マンションには施工プロセスを第三者機関(ビューローベリタスジャパン)が

チェックする『性能評価』を備えているので、住まいの安心をしっかり保証します。

 


「工事状況をお知らせします①」の続きを読む

グランフォーレ大橋テラススタッフブログ > 工事進捗状況

検索
購読
関連リンク

ページの先頭へ戻る▲